DHA・EPA 中性脂肪

MENU

DHA・EPAって中性脂肪にはいいの?

DHAとEPAには『中性脂肪を減少させる』という効果が認められています。

 

中性脂肪

 

私達は毎日食事からエネルギーを摂取しますが、使いきれなかったエネルギーは中性脂肪に変換され、体に溜まっていきます。

 

DHAとEPAには、作られてしまった中性脂肪を代謝促進してくれる効果を期待する事が出来ます。

 

同時に脂肪を分解する酵素を作る為の働きもサポートしてくれるので、作られてしまった中性脂肪も効果的に減少してくれる働きがあります。

 

これらの中性脂肪を代謝促進するだけでなく、脂肪として合成する為の物質を減少させ、エネルギーを過剰摂取しても脂肪が出来にくいようにしてくれるのです。

 

更にもう一つ、DHAとEPAには肝臓から血液へ中性脂肪が流れ出すのを抑制する働きもあるので、これで血中に含まれる中性脂肪も減少させる事が出来るという事になります。

 

 

この様に、DHAとEPAは中性脂肪を体に溜め込む事なく、効果的に体外へと排出してくれる効果の高い物質です。

 

食生活が乱れがちな方、外食が多い方、運動習慣が無い方などは毎日の食事からDHAとEPAを摂りいれる事で、肥満などの病気を予防する事が出来ますよ。

 

また、足りないDHAとEPAはサプリメントなどで補うと良いでしょう。その場合は一日3000r以上を摂取しない様に心がけて下さい。

 

いくら健康効果が高いと言われているDHAとEPAでも、3000r以上を超えて摂取してしまうと、吐き気などの副作用が現れる場合もあります。

 

 

そして、DHAとEPAは中性脂肪を抑制する効果もありますが、全ての中性脂肪を代謝出来るという訳ではありません。

 

暴飲暴食を続けているとエネルギーも代謝しきれなくなり、やがて中性脂肪へと変わってしまいます。

 

DHAとEPAの効果を最大限に生かす為には、同時に食生活や生活習慣の改善も心がけましょう。